オススメのバイクパーツショップは数多い。

バイク乗りなら、おすすめのバイクパーツショップというのが数件はあるはずだ。関西で有名なところと言えば南海部品だが、僕が好きなのはレーシングワールドだ。こちらは向かしお世話になっていたと言うこともあり、一時は良く通ったモノだ。品数が多いので、比較検討がしやすいのが一番と言えるだろう。出来る前に前評判として良く聞いたのが関東から来たドライバーズスタンドで、関西人のイメージとはどことなく違う感じがした記憶がある。バイクショップへ通わなくなってもう20年以上になるが、5年ほど前にライダーズ用のグローブを買ったのが最後だと思う。その前は20年ほど前に買ったヘルメットだ。


僕の場合は顔のサイズが大きいので、入るヘルメットを探すだけでも大変だったが、確かレーシングワールドで買ったはずだったと思う。バイクパーツショップもバイク屋も、基本的には品揃えの多さが必要だが、バイク屋の場合は、後々のメンテナンスの問題もあるので、近場であれば多少品揃えが悪くても我慢できるモノだ。要は、欲しいバイクを取り扱っているかどうかという問題だけで、それ以外はその後の面倒見が良いかどうかが判断基準になるだけだ。しかし、バイクショップの場合は全く意味が違う。出来ればその場で見て、手にとって、これと決める必要があるからだ。そのためには品揃えが行き届いているかどうかが大きな問題となってくる。そう考えると、ネットで通販というのも良いかもしれない。品揃えではネットショップの方がまず間違いなく良いはずであるからだ。


しかし、店員さんと会話をしながらショッピングを楽しむというのも、バイク乗りの楽しみではある。便利な商品を教えてくれたり、その商品にまつわるエピソードなどを聞くことが出来る。そんな話が、バイク仲間の間では話題になって悦に浸れることも結構あるのだ。自分がお気に入りのショップは得てして語りたくないモノだが、友人の場合は話が別で、そん店の良い点を一杯話したくなってしまう。また、その店で知り合い、意気投合することでツーリングに出かけたりと、ネットショップでは味わえない楽しみがあることも事実だ。バイク乗りって、意外と仲間意識が高いので、その店に訪れると言うだけで、ちょっとした知り合いという感覚になるのかも知れない。自オススメのバイクパーツショップで、お気に入りの定員さんに出会い、さらにショップつながりで仲間を増やすというのも結構良いもんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>