バイクパーツへの熱いこだわりを持つ友人

最近なんか趣味をもちたいなーなどと思う日々です。突然ですが私の友人にはバイクが趣味の人がいます。私はバイクをもってもいなければ乗ったことすらないのですが、この友人(仮にAさんとしよう)はしきりに私にバイクをすすめてくるのです。そこで私はいつも適当に笑って受け流しているのですが、バイクについて熱く語るAさんは生き生きとしてて正直うらやましくもあります。なんでもAさんはバイクを3台(5台だったような気もするが失念)も持っているらしく毎月のバイクに関する出費が10万円近くもするらしいです。私は最初にバイクになんで毎月10万もの出費がかさむのか理解不能でした。維持費を考えてもそこまでしないだろうと思いませんか?


しかしなんでもバイクパーツなどを細かく買う(?)らしくどうしてもそれくらいかかってしまうらしいのです。バイクパーツというと具体的にどんなものがあるんだろうかと私は気になりました。そこでバイクパーツのサイトを検索してみました。ヘルメット、スーツ、シューズ、サングラスといった体に身につけるものと、マフラー、タイヤ、ハンドル、エンジンなどなどと車体につけるものの大きく2種類あるみたいですね。ところでどうでもいいことに気になるのですが、バイク専用のサングラスって一体なんなんでしょうか(笑)ランニング用とかとあまり変わらない気がしなくもないですがきっと何かが違うんでしょうね。Aさんに尋ねてみたところ違うものは違うんだよと強引に突き通されてしまいました(笑)


こうやって調べてみたものの、好きとはいえバイクにここまでお金をかけるというのが自分にはふに落ちないものがありました。もちろん人の好きでやってることなのであれこれ口を出すつもりはありません。ただうーん。こういうときには何か自分に納得できる答えをどうしても探したくなる傾向があります。そこで何か自分に理解しやすいものに例えるのが得策かなと思いました。そこでひらめいたのがプラモデルです。しかし、私にはプロモデル収拾の趣味はありません。ですが彼らの気持ちをわかるのです。月に出費を惜しまず自分だけのオリジナルのこだわりのプラモデルを作ることに喜びを感じるというあの心理は非常に共感できます。私もプラモデルは嫌いではないので彼らのように趣味に没頭したいのですが、どうしても現実的に考えるとそこまでの経済的余裕がないのです。そんな自分にはお金があまりかからない趣味で、バイクが趣味の彼のような生き生きとした生活をしていけたらいいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>