新品のバイクパーツとは?選び方?

バイクファンってのは、意外なことかもしれませんけれど、老若男女問わず結構世界中にいるんですね。バイクに乗ってみたい、レースに出てみたい、ツーリングに行ってみたい……そんな想いを持っている人は、決して少なくはないわけですよ。で、そんな人の願いを叶えてあげる(この言い方だと少し大げさですが)存在として上がるのは、バイク屋さんだったりバイク整備士の方だったりするんですね。ま、バイク自体を買うことができなければ、ツーリングも何もあったもんじゃありませんからね。ですが、バイクファンの中にはバイクが好き過ぎて好き過ぎて、自分で作ったり整備したりってことをする人も出てきたりするんです。パソコンファンが自作したパソコンを使いたがるのと同じ心理なのでしょうね。

自分のセンスにあっている、自分が必要としている機能を確実に備えている。世界で唯一、自分のためにある存在……こうして文句を並べるだけでも、ファン魂を揺さぶられているのがおわかりになるでしょうか?で、そんなバイクファンの動きを、メーカーが見逃すわけがないんですね。需要があればそこに供給し、需要がなければ重要を作り出して供給するのが商人ってもんですから。さて、そんなわけでメーカーは手作り、あるいは整備のためにパーツ単位で商品を作っているわけなんです。バイクショップに行っても買える場合もありますし、現在ではネット通販なんかで買えるケースも多いとか。地方に探しに行くよりずっと安いですし、売る側もそれを狙ってネットショップを専門にしているケースもありますしね。

そんなわけで、現在の新品のバイクパーツとは、かなり買いやすい状態にあるってわけです。ですが、ここでご注意をば。確かに買いやすく手に入りやすい状態にあるのは間違いないんですが、そこはパーツ単位での商売です。売る側が間違える可能性もあるし、買い手の知識不足が原因になることもありますが、「これじゃない」「こんなものを買ったはずじゃなかった」ってなることが往々にして存在するのです。特に高価なものほど危険性はあがります。ネット通販の場合はもちろん、街のバイクショップで買う場合でも、しっかりと事前に下調べをしておき、本当にそのパーツで正しいのかどうかを確認するようにしてください。安物買いの銭失い、なんて言葉もありますし、安ければいいって話でもありませんからね。それらに留意しつつ、バイク作りを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*